洋服、ニットのリフォーム専門店「FUKUKOU」- 札幌・北海道・全国対応

洋服、ニットのリフォーム専門店FUKUKOU – 株式会社福光商事 – 札幌・北海道・全国対応

お問い合わせ

洋服リフォーム用語集

洋服リフォームで使用される専門用語を集めてみました。ご参考になさって下さい!
(青文字は対象画像、リフォームのページにリンクしています)

 

あ行 

開きみせ 

袖口が実際には開かないが、開く様にみせるデザインの事。
ボタンホールも実際には使用出来ませんが、飾りとして作ってあります(セッパといいます)
また「額縁」というスリットの角のところに対角線的に縫い目の入っているデザインのものも
ございます。

いせ込み

生地に余裕を持たせて、体にフィットするように縫製する技術の事。
主にジャケットの袖付けや、スカートのウエスト部分で行います。

インサイドベルト(インベル)

スカートやパンツのウエストベルト部分の中に入っている芯の事。

か行

額縁仕立て

ジャケットの開きやスカートのスリットの角のところに、対角線的に縫い目の入っているデザインの事。
見た目の良さと、縫い代をカットせずに仕上げれるので。袖丈、着丈出しが可能な場合が多い。

かけはぎ(かけつぎ)

生地に開いた穴の裏に同じ生地の共布をあて、細かく差し込んで穴をふさぐ技術の事。
通常のミシンで直す穴修理よりも格段にキレイな仕上がりです。


くつずれ

パンツの裾のかかと部分につける共布の事。擦り切れを防ぐ為の処置です。

コンシールファスナー

ファスナーの一種で、縫い目に見える様に付ける事が出来るため、目立たない様に使用できます。


さ行

三方詰め

スカートやパンツのウエスト、ヒップを詰める方法で、通常詰める両脇線の他に、後中心線も詰める方法。詰める寸法が多い時にデザイン、バランスを保つ為に行います。

セッパ

ジャケットの袖口のボタンホール周りの刺繍の事。
実際にボタンホールとして使用しない見せ掛けの簡易な刺繍をチェーンセッパ
穴を開けて使用することが出来るものを本セッパと言います。

背抜き

ジャケットやコートの裏地の付け方の事で、背中部分は上半分のみ付ける様にします。
通気性が良くなり、ジャケットは厚い季節でも着易くなります。


袖山

袖の付け根、肩口とつながっている部分の事。

た行

ダーツ

体型に合わせるために布地の一部をつまんでいる部分の事。


ダメージ加工

着古した品に見せかけるために、色を薄くしたり、布地に傷や穴を開ける加工の事。

たんざく

シャツの袖口のスリット部分についている細長い布の事。中ほどにボタンホールがある形が多い。

ドット(ロット)ボタン

ブルゾンやジャンパーなど厚地のものに使用されている、金属性のはめ込み式のボタンの事。


な行

縫い代

出来上がりラインに縫い込む部分。表からは見えない部分。この部分が少ないと幅出しは困難です。

 

は行

パイピング     

ぬい代の端を別布(バイアステープテープ0.5cm位 の巾)でくるんでいるもの。
布端や切り替えの縫い目などに装飾的に始末するために用いる。


プリーツ     

生地を折り重ねたデザイン加工。規則的に布をたたむ技法でできたヒダ。

ヘム 

袖や裾の折り返し部分の事。この部分が少ないと丈出しは出来ません。

ベンツスリット    

ジャケット・コート・スカートの脇、後ろが開いている部分。
重なりの部分がスリット止まりの上でカットされてしまっているものがほとんどなので、
移動、作り直しは出来ません。


本開き袖

袖口にボタンホールがあり、スリットが開くようになっているデザインの袖の事。
一度開いたボタンホールを作り直す事は出来ない為、袖口で詰める事は出来ません。
そのため袖付けの方で詰めることになりますが、袖丈詰めの寸法が大きい場合は、
袖付けの幅が小さくなってしまうので注意が必要です。


ま行

前かん     

スカート・パンツなどのファスナー上部にある、引っ掛けて付ける金具。

見返し     

衿ぐり、袖口などの内側に付ける生地。


モーニングカット

前より後ろを長めに仕上げます。
前後差は1cm~1.5cmです。
裾幅によっては前後差が出ない場合があります。


持ち出し

スカートやパンツのベルトの重なる部分のこと。
ウエスト出しをするとなくなってしまう事もありますので、残り布等で作り直す必要があります。


や行

ヨーク

スカートなどの身頃部分がはぎ合わせになっているデザインのこと。


ら行

ライナー

冬物の上着で、ファスナーやボタンで取り外しができるタイプの、主にキルティング(中綿)が入っている裏地の事。
袖丈や着丈詰めの寸法によっては、これも詰める必要があります。


ラグラン袖

袖が衿ぐりまで切れ目なく続いていて、鎖骨から脇下にかけて斜めに縫い目が入っているデザインのこと。
このタイプの上着の肩幅を詰める場合は、普通のコートのように袖付け線がないので、肩線を詰めることで行います。


わ行

渡り巾

太ももの巾のこと。
足部分にセンターラインがあったり、詰める寸法が多い場合には、
内側の縫い線にも振り分けて詰めることになります。

袖の二の腕の巾のことを「袖わたり」と呼ぶ事もある。






▲ページの上部へ